【マヤ】
「あっ、はぁっ、んんっ、ふあぁっ……こんなっ……お尻で感じちゃうなんてっ……ぁふ、あふああぁ……っ」
【直太郎】
「はぁっ、くっ……これがアナルセックス……おまんこもいいけど、こっちも捨てがたい……」
【マヤ】
「んあぁっ、はぁっ……あっ、んっ……ちょっとっ……こんなことっ……
 に、二度とさせるつもり……ぁあぁっ、ない、からねぇ……っ」
【マヤ】
「くふぅぅうっ、やっ、ぁああっ……チンコっ、これ以上っ……
 んああぁっ、あっ、はぁっ……大っきくするなっ……んんんんーーっ!」
 腰を引く度にマヤの口から嬌声が漏れ、アナルが愛おしそうに肉棒に絡みついてくる感覚に直太郎は興奮を隠せないでいた。
 アナルでもマヤを感じさせることができていると、直太郎はうちから込み上げてくる自信に腰の動きを少しずつ激しくしていく。
【マヤ】
「はぁっ、あっ、んはあぁっ……お尻っ、っくふぅぅっ、め、めくれちゃうっ……んぁあっ、ああぁんっ」

inserted by FC2 system